本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
文字サイズ
標準
大きく

監修:信州大学医学部 脳神経内科 リウマチ・膠原病内科 教授 池田 修一 先生

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)イラスト
このサイトをご覧になるみなさまへ トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)は、トランスサイレチンと呼ばれるタンパク質が変異して結合した線維状の構造を持つアミロイドが、全身のさまざまな臓器に沈着して
機能障害を起こす遺伝性の病気です。このサイトは、TTR-FAPの疑いのある方、患者さんやご家族のみなさまが正しい知識を得ることによって前向きに生活していただくために、必要な情報を提供していくことを目的としています。

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーTTR-FAP)は、トランスサイレチンと呼ばれるタンパク質が変異して結合した線維状の構造を持つアミロイドが、全身のさまざまな臓器に沈着して機能障害を起こす遺伝性の病気です。
このサイトは、TTR-FAPの疑いのある方、患者さんやご家族のみなさまが正しい知識を得ることによって前向きに生活していただくために、必要な情報を提供していくことを目的としています。
※ATTRmまたはATTR-FAPと呼ばれることもあります。

〈第3回〉認定遺伝カウンセラー(看護師)からのメッセージ

まずは、思いをお聞かせください。

患者さん、ご家族と共に病気に向き合い、
寄り添うことが私たちの役割です。

ここから下部共通ナビゲーション部分です
ナビゲーションへジャンプ